本ページはプロモーションが含まれています. 宅建の教材評価

宅建士 合格のトリセツ 一問一答式 過去問題集 2022年度版【プロがレビュー】

2022-07-05

宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年度版
宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年度版


2023年版の「宅建士合格のトリセツ 一問一答式 過去問題集」の教材レビューの記事はこちらです。
→ 2023年版 宅建士合格のトリセツ 一問一答式 過去問題集 【プロがレビュー】

2023年版 宅建士合格のトリセツ 一問一答式 過去問題集
最新2023年版 宅建士合格のトリセツ 一問一答式過去問題集【プロがレビュー】

続きを見る


「【宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年度版】って、
 時間が多くとれない方や、問題を1肢ごとにじっくり解きたい方向けの「問題集」って聞いたんですけど、本当ですか?」
「あと問題の【解説】が理解しやすいように整理されていますか?」
「それに、法改正に対応していますか?」
「要するに、、この問題集を使って「宅建」に合格できますか?
 具体的に教えて、詳しい人!」


こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 宅建士であり、元 教材制作者のプロが「宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年度版」の教材評価を行っています。
  • 独自の6個の評価項目(「出題頻度」「解説の理解しやすさ」「問題数の適量さ」など)を用いて徹底評価し、点数づけしています。
  • また、本記事を読むことで、変な教材に手を出して無駄な時間とお金を使うこともなくなります


本記事の信頼性

  • この記事を書いている私は、学習用教材の「教材制作」「教材評価」の業務に6年間たずさわっていました。
  • また、宅地建物取引士試験(2021年度)の「合格者」です。
  • 実際に本問題集「宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年度版」を入手して確認しました。
宅地建物取引士「合格証書」と「宅建士証」
宅地建物取引士「合格証書」と「宅建士証」


 この記事を読むことで、受験生のみなさまには、勉強開始までの「教材選択の時間ロス」をはぶき、勉強に多くの時間を使い、効率よく学習を進めていだきたくことができます。


5分で読めるので、この教材の評価が知りたい方は、最後まで読んでみてください。


「宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年度版」の商品説明

  • 本問題集は、宅建の勉強をする際に必要となる「一問一答式の問題集」の位置づけです。
  • 学習対象者は、1肢ごとにじっくり解きたい「初学者」または「リベンジ組」を対象としています。
  • 読んだ第一印象は、問題に対する解説が「一言解説」によってポイントが暗記しやすくなっている、ということです。


\「一言解説」で問題が理解しやすくなっています.10月発売の新刊です!/


独学の方に朗報です。

いまならクレアールが 宅建試験非常識 合格法の新刊書籍を無料でプレゼントしています。

市販で買うと 1,760円(税込み)ですが、キャンペーンがある月だけ「先着100名」まで無料でもらうことができます。

独学で勉強している方短期間の集中学習で一発合格したい方は、いまのうちに ぜひどうぞ!

1分の簡単な入力作業でお取り寄せができます。

→ 宅建試験「非常識 合格法」の書籍をもらう

非常識合格法:試験に出るところ限定、やるべきことを確実にこなす過去問にしぼった重点学習でスピード合格!
クレアールは、50年以上の資格受験指導の歴史がある資格スクールです。


徹底レビュー

宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年【プロが徹底レビュー】

結論は、時間が多くとれない方、問題を1肢ごとにじっくり解きたい方は「買い」です。

その「メリット」、「デメリット」、「評価点」を見ていきましょう。

▼メリット

  • 問題に対する解説が「一言解説」でされており、簡潔で暗記しやすいです。
  • 「問題」が左ページに「解答」が右ページに物理的に分けて配置されており、問題を解いている最中に「答え」が見えることがないです。
  • 出題頻度の高い論点とそうでない論点が「★★」(星マーク)でわかりますので「余裕があればやる、なければ飛ばす」といった判断がしやすいです。
  • 法改正に対応しています。

▼ややデメリット

本「一問一答式 問題集」から 同社LEC「合格のトリセツ 基本テキスト」へリンクがありますが、章立てごとのリンクであり選択肢ごとに「基本テキスト」のどこにリンクしているのかわかりにくいです。
※ただし、何もリンクがない問題集もありますので、基本テキストの該当箇所を確認するのに役立ちます。

▼本問題集のタイプ

本「問題集」のタイプは、「一問一答式」過去問題集になります。

「問題集のタイプ」の説明

▼「分野別」過去問題集
・宅建の科目である、宅建業法、民法、法令上の制限、税・その他の「分野別にまとめられた」問題集です。
・メリット:科目ごとの論点をまとめて効率的に解くことができます。
・問題形式:1問4択式です。
・対象者:初学者、中級者 向け

▼「模試形式」(年度別)過去問題集
・本試験形式の問題の順番で出題される問題集です。
・メリット:本試験の予行練習ができます。
・問題形式:1問4択式です。
・対象者:上級者 向け

▼「一問一答式」過去問題集
・出題頻度が高い「選択肢を集めた一問一答式」の問題集です。
・メリット:通勤途中など、短い時間でも1問ずつこなすことができます。
・問題形式:一問一答式です。
・対象者:1肢ごとにじっくり解きたい「初学者」または「リベンジ組」

▼この教材の使い方

次の2つになります。

  • 勉強の初期にこの「一問一答式」で宅建の問題にさわり、徐々に本試験形式の「1問4択式」に慣れていく使い方です。
  • 通勤途中など、あまり時間が取れない方向けに「一問一答式」の問題と解説を1問ずつこなしていく使い方です。


▼評価点は「29点/30点」です

当サイトは、独自の「評価項目」を用いて、本テキストを「評価点」をつけて評価しています。

  • 「評価項目」は、6項目です。
  • 「評価点」は、「評価項目」ごとに5点、合計で30点満点(6項目×5点)としています。

※25点以上は高得点です。

評価項目と評価点

カテゴリ評価項目評価点
(各5点)
内容面①出題頻度 A、B、Cランクの内容が
 網羅されているか?(網羅性)
5
②解説が理解しやすいか?
5
③法改正に対応しているか?
5
外観面
④問題数が適量か?
5
⑤解いている最中に解答が見えないか?
5
差別化
要素
⑥独自の差別化要素
4
合計点数
29/30

※評価項目ごとの評価点・評価基準は当サイトの独自のものです。
 定期的に調整していますので評価点が変わる場合がありますのでご注意ください。
※また、評価点は人によって感じ方が異なります。
 その場合は,点数よりも評価内容を参考になさってください。


 以下に、理由・根拠を詳しく解説します。

宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年【レビュー詳細】

それでは理由・根拠を詳しく、以下の「評価項目」を用いて点数をつけて評価していきます。

  • 「評価項目」は、6項目です。
  • 「評価点」は、「評価項目」ごとに5点、合計で30点満点(6項目×5点)としています。


①出題頻度 A、B、Cランクの内容が網羅されているか?(網羅性)

A.すべて網羅しています。→ 5点

根拠:「科目」ごとの「出題頻度 A,B,Cランク」の網羅性は、下表のとおりです。

「出題頻度A,B,Cランク」の網羅性

科目「出題頻度A,B,Cランク」の網羅性
宅建業法15論点の「A,B,Cランク」すべて網羅○
民法(権利関係)22論点 の「A,B,Cランク」すべて網羅○
法令上の制限6論点 の「A,B,Cランク」すべて網羅○
税・その他10論点 の「A,B,Cランク」すべて網羅○
すべて網羅しています。

根拠:詳細な「論点別」の「出題頻度 A,B,Cランク」の網羅性は、下表になります。
(※スマホの方は、ピンチイン・ピンチアウトにて、拡大・縮小ができます)


※宅建の試験範囲をもとに、12年分の過去問を確認し「出題頻度」のランク付けを行いました。

「出題頻度 A,B,Cランク」とは?

  • Aランクは、毎年出題される出題頻度が高い論点であり、必至で覚えなければならない知識です。
  • Bランクは、2年に1度程度のペースで出題される論点で、こちらも2番目に優先して覚えなければならない知識です。
  • Cランクは、5年に一度程度のペースで出題される論点で、余裕があったら覚えたい知識です。
  • Pランクは、10年に一度程度のペースで出題される論点で、あまり時間を割かないほうがいい知識です。


②解説が理解しやすいか?

A.問題の選択肢に対する「解説」が理解しやすいです。→ 5点

理由:次の3つになります。

  • 問題の解説が「一言解説」というポイントを絞った1文で記載されている
  • 「一言解説」の下に数行の解説があり、この数行の解説も簡潔で理解しやすい
  • ワンポイント解説」というイラストにて、概念やイメージをつかむことができる

それぞれの理由の根拠を、「賃借権」を例にして、検証してみます。(P102-103 問191)

解説が理解しやすい

解説が理解しやすい
「賃借権」の解説(P102-103 問191)

■根拠1:解説は「一言解説」という、ポイントを絞った1文で記載されています。

この「一言解説」は、問題集の周回を重ねたときに威力を発揮します。
問題集の解き始めの1,2周は理解するために解説の全文を読みますが、問題集の周回を重ねるとポイントを絞った1文しか読まなくなりますので、この「一言解説」は暗記に重きをおく宅建試験にマッチした学習方法です。

■根拠2:「一言解説」のその下に数行の解説があり、この数行の解説も簡潔で理解しやすいです。

■根拠3:「ワンポイント解説」というイラストにて、概念やイメージをつかむことができます。

  • 本試験形式の問題集は「1問4択式」となり、書面スペースが限られイラストを使った説明をすることが難しいのですが、本問題集は「一問一答式」の利点を活かし、理解をうながすためのイラストを掲載して学習効果を高めています。
  • また「ワンポイント解説」は、同社LEC「宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト」の内容を抜粋していますので、信頼あるイラストに仕上がっています。


③法改正に対応しているか?

A.法改正に対応しています。→ 5点

■根拠:以下のように、法改正に対応しています。

▼税・その他の「贈与税」と「相続時精算課税」の受贈者の年齢が18歳以上に対応済み(P343 問676)

  • 【改正前】:受贈者の年齢が20歳以上の子・孫等であった。
  • 【改正後】:受贈者の年齢が18歳以上の子・孫等になった。

法改正に対応済み

「贈与税」と「相続時精算課税」の受贈者の年齢が18歳以上に対応済み(P343 問676)
「贈与税」と「相続時精算課税」の受贈者の年齢が18歳以上に対応済み(P343 問676)

▼宅建業法の「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律の基準日」については、本「一問一答式」の問題文にありませんでした。

  • 【改正前】:基準日は年2回(3月31日・9月30日) であった。
  • 【改正後】:基準日が年回(3月31日)になった。

▼税・その他の「住宅ローン控除」については、本「一問一答式」の問題文にありませんでした。

  • 【改正前】合計所得要件が「3,000万円」以下、また年末の借入残高の控除率が「1%」であった。
  • 【改正後】合計所得要件が「2,000万円」以下、また年末の借入残高の控除率が「0.7%」になった。


④問題数が適量か?

A. 「一問一答式」の問題数としては、適量です。→ 5点

■理由:次になります。

本問題集は、合格に必要な選択肢を厳選した「727問」に絞り込んで掲載されています。
「一問一答式」では「800問」を超えると やや多いため、「一問一答式」の問題数としては適量です。

■根拠:科目ごとの問題数は、下表のとおりです。

科 目問題数
1.民法問1~問246=246問
2.宅建業法問247~問468=222問
3.法令上の制限問469~問618=150問
4.税・その他問619~問727=109問
小計:
727問
最新過去問題
 令和3年10月試験
50問
 令和3年12月試験
50問
合計:
827問
(最新過去問含む)
  • 参考までに、本試験形式の「1問4択式」の10年分の過去問題集は「481問」分に相当しますが、本問題集「一問一答式」をその過去問10年分のカバー率として換算すると「37.4%」になります。
    ・計算式:182問÷481問=37.4%(本問題集「一問一答式」÷ 本試験形式「1問4択式」10年分過去問題集)
  • 参考までに、本問題集の「一問一答式」を「1問4択式」に換算すると、「182問分」相当になります。
    ・計算式:727問÷4択=182問分


⑤解いている最中に解答が見えないか?

A.「問題」を解いている最中に「答え」が見えることがないです。→ 5点

■理由:「問題」が左ペーに「解答」が右ページに物理的にページを分けて配置されており、問題を解いている最中に「答え」が見えることがないです。(OK)

■根拠:下のイメージ画像をご確認ください。

「問題」が左ページに「解答」が右ページに配置され、解いている最中「答え」が見えることがない

「問題」が左ページに「解答」が右ページに配置
問題と解答の配置

「問題」と「解答」が同じページにあると、解いている最中に「答え」が見えてしまい、都度ストレスを感じてしまいます。
本問題集は物理的に「問題」と「解答」を別ページに配置することで、この課題をクリアしています。(Good)


⑥独自の差別化要素

  • 1.「一言解説」が繰り返し学習をしやすく、暗記に重きをおいた宅建試験向きの教材として差別化になっています。
  • 2.出題頻度の高い論点のタイトルに「★マーク」の表示があります。
  • 3.進捗把握の「チェックボックス」にて問題を何回といたか確認できます。
  • 4.最新の過去問題の「正答率」がわかります。
  • 5.本「一問一答式 問題集」から 同社LEC「基本テキスト」へのリンクがあります。
    ただし、問題の章立てごとのリンクとなり、選択肢ごとに「基本テキスト」のどこにリンクしているのかわかりにくいです。 → 4点
    (できれば、選択肢ごとに「基本テキスト」のページ番号が記載されていると探す手間が省けます)

■根拠:

  • 1.「一言解説」は、ポイントを反復学習することで暗記効率が高まります。
    前述「②解説が理解しやすいか?」にて説明しています。
  • 2.出題頻度がわかる「★」マーク
    下のイメージのように、タイトルに重要度に応じて「★」(1つ星)~「★★★」(3つ星)と星アイコンが表示されており、重要度に応じて「余裕があればやる、なければ飛ばす」といった判断がしやすいです。
  • 3.進捗把握の「チェックボックス」
    下のイメージのように、この問題を何回やったかを「チェックボックス」に記録を残すことができ、学習の進捗が確認しやすいです。
「★」による出題頻度、「チェックボックス」、「出題年・問題番号」を表示
2.「★マーク」、3.「チェックボックス」、「出題年・問題番号」を表示


  • 4.最新の過去問題の「正答率」がわかる:
    下のイメージのように、「合格者正答率」「不合格者正答率」が掲載されており直近の問題の難易度がわかり、「自分も解けなければいけない。」などと、モチベーションの向上につながります。
最新過去問題の「正答率」がわかる
最新過去問題の「正答率」がわかる


  • 「3分冊」にできる
    最近の流行りの3分冊に対応しており、コンパクトにカバンに入れて持ち運ぶことができます。


まとめ

メリット

  • 問題に対する解説が「一言解説」で解され簡潔で暗記しやすいです。
  • 「問題」が左ページに「解答」が右ページに物理的に分けて配置されており、問題を解いている最中に「答え」が見えることがないです。
  • 出題頻度の高い論点とそうでない論点が「★★」(星マーク)でわかりますので「余裕があればやる、なければ飛ばす」といった判断がしやすいです。
  • 法改正に対応しています。

ややデメリット

本「一問一答式 問題集」から 同社LEC「合格のトリセツ 基本テキスト」へリンクがありますが、章立てごとのリンクであり選択肢ごとに「基本テキスト」のどこにリンクしているのかわかりにくいです。
※ただし、何もリンクがない問題集もありますので、基本テキストの該当箇所を確認するのに役立ちます。

▼この教材の使い方

  • 勉強の初期にこの「一問一答式」で宅建の問題にさわり、徐々に本試験形式の「1問4択式」に慣れていく使い方です。
  • 通勤途中など、あまり時間が取れない方向けに「一問一答式」の問題と解説を1問ずつこなしていく使い方です。

まとめ

  • 評価点は「29点/30点」であり、時間が取れない方、問題を1肢ごとにじっくり解きたい方は「買い」です。
  • 評価したところ、学習対象者は 「初学者」または「リベンジ組」向けにも使える問題集です。

「宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集」を使うことで、
受験生のみなさまには、勉強開始までの「教材選択の時間ロス」をはぶき、勉強に多くの時間を使っていただけるとともに、効率よく学習を進めていだきたくことができます


以下は、今回ご紹介した「合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題」の購入リンクです。
「宅建に合格したい!」という方は、ぜひご検討ください。


購入リンク:宅建士 合格のトリセツ 頻出 一問一答式 過去問題集 2022年度版

こちらから購入できます。↓

\「一言解説」で問題が理解しやすくなっています.10月発売の新刊です!/


関連 教材のレビュー記事

本「一問一答式 問題集」と ”リンク” している、同社LECの「宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト」と、
正確な内容が特徴の「わかって合格る 宅建士 基本テキスト」(TAC)のレビュー記事です。

本問題集と”リンク” している「合格のトリセツ 基本テキスト」(同社LEC)のレビュー記事

 本記事の「一問一答式 問題集」と、下のリンクの「合格のトリセツ 基本テキスト」が ”リンク” していますので、セットでの購入をおすすめいたします。(※私も使っている基本テキストです)
 レビュー記事です。どうぞ、ご参照ください。

 → 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト 2022年版【プロが徹底レビュー】

参考宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト 2022年版【プロがレビュー】

続きを見る

模試形式の「出る順 宅建士 過去30年 良問厳選 問題集」(TAC)のレビュー記事

・特徴は、過去問30年分のから良問を厳選し、難易度を3段階に分けた「模試形式」の問題を解くことができます。
・学習対象者は、「上級者」または「リベンジ組」向けの問題集です

 レビュー記事です。どうぞ、ご参照ください。

 → 出る順 宅建士 過去30年 良問厳選 問題集 2022年版【プロがレビュー】

出る順 宅建士 過去30年良問厳選 問題集 2022年版 LEC
参考出る順宅建士 過去30年 良問厳選問題集 2022年版【プロがレビュー】

続きを見る

内容が正確な「わかって合格る 宅建士 基本テキスト」(TAC)のレビュー記事

・特徴は、「内容が正確」かつ「1ページが縦に分割されていなくて読みやすい」基本テキストです。
・学習対象者は、バランスが良いため「初級者」から「リベンジ組」まで使えます

 レビュー記事です。どうぞ、ご参照ください。

 → わかって合格る宅建士基本テキスト2022年度版【プロが徹底レビュー】

わかって合格る宅建士テキスト
参考わかって合格る 宅建士 基本テキスト2022年度版【プロがレビュー】

続きを見る

-宅建の教材評価
-, , ,